石灰沈着性腱板炎

[記事公開日] 2019/07/01

初日の仕事(と言っても初日はほぼオリエンテーションで、ちゃんとした業務は明日以降)終わったあと、実家近くの整形外科へ。

痛みを我慢しながらロビーで待機。まずはレントゲン撮影をして、先生の診察へ。どうやら「石灰沈着性腱板炎」というものらしい。
症状としては肩にカルシウムの塊が沈着して、それが炎症を起こして痛みが出るようです。そういえば昔、母が同じ症状になって痛みを訴えていたことがあったのでその可能性も考慮して検索してたんだけど「4~50代の女性に多い症状」とのことだったんで、「やっぱり違うのかなぁ」くらいにしか考えていなかった。

とりあえず痛み止めの注射を打ってもらったらびっくりするくらい腕が動くようになった。もちろん注射による一時的なものなんだろうけど、あの痛みから開放されたのはありがたい。

つーかこれ、痛みの発症が1週間遅れてたら神戸行ったってライブどころじゃなかったよな。それに関してはホント不幸中の幸いだったわ(;´∀`)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。