座長公演から一夜明けて

未だイベントの余韻に浸っている自分がいる(このセリフ、10年くらい前はよく言ってたよなぁ、懐かしいw)。こんな気持ちになったのはホント久しぶりだ。

イベント自体はもちろん安定の面白さで終始笑わせてもらったんですが、それ以上にやはり4月の東京ドームライブの詳細(コンセプト)の発表が一番高まりましたね。
うちらが昔から熱望してたCDのリリース年度別のライブ。まぁムリな話だよなぁ、と思いつつも夢見ることは自由と思い続けてきました。

色々と事情があって現場を離れた仲間も大勢いるけど、今回の発表で久々に参加したいっていう人が多かったのは素直に嬉しかった。

現場を離れたことであまり曲も聴かなくなって最近の曲に疎くなってしまった人も、初期の曲メインなら・・・ってことみたいです。

私も最近の曲よりは昔の曲のほうが好きなタチなんで、土曜日の方は全力で取りに行こうと思ってます。あの頃を一緒に駆け抜けた仲間たちとまた奈々の現場で会えるとか楽しみでしょうがないですw

日曜日も行くかどうかはひとまず検討中ですが、土曜日参加したら満足しすぎて翌日は抜け殻になっているという気がしないでもないww

それにしても去年のアコースティックライブに始まり、今年のリリース年度別ライブの開催と、うちらが飲みの席とかでこんなライブに行きたいね、って言ってたものが次々叶ってる現状がちょっとコワくもあったりwwww

うちらそろそろ死ぬんじゃね?←


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。