魔法少女リリカルなのはReflection 初日舞台挨拶 1回目

初回上映分は新宿ピカデリーでのチケットが入手できなかったので、ライブビューイングのチケットを確保しました。
場所は2回目の上映に間に合う様にヒューマントラストシネマ渋谷にしました。
ここに来たのはもう10年前の「ジョジョの奇妙な冒険 ファントム・ブラッド」舞台挨拶の時以来だった気がする。

到着したのは上映10分くらい前。既にチケットの発券に列が出来ていたので並んでチケットを発券。
ムダに最前センターが空いていたのでそこを確保してみましたww

映画の内容はネタバレになるのでここでは伏せておきます(ぜひ劇場に見に行ってください)。ストーリーに直接関わらない部分で個人的に気になった部分は、

  • 某戦闘シーンにおいて、MADでよく合成のネタにされていたGガンダムにこちら側から寄せに行っていた
  • どこかで聞いたことあるようなセリフがちらほら。
ですかね。特にGガン云々のところは思わず二度見しましたwww

映画が終わって劇場限定動画が終わったところで舞台挨拶開始。
司会はわっしー。まぁ、さすがに三嶋さんが司会ってことはないと思ってたけどね。
1回目の登壇者は、

  • 田村ゆかり
  • 水樹奈々
  • 植田佳奈
  • 戸松遥
  • 佐藤聡美
  • 日笠陽子
の6名。

上映後の舞台挨拶と言うことでネタバレOKなトークだったのであまり詳細は書けません(;´Д`)
とはいえ、やはり気になったのはゆかりんの挙動ですかね。いろいろあったからかとは思うんだけど、今までみたいなテンションが一切感じられなかった。

奈々は相変わらず朝一の回と言えどテンション高すぎw
本人曰く「最近アメリカ人の役をやっているから」とのこと。ここでぶっこんで来るのかよw
佳奈さんだけ浴衣姿で浮いてる感はあったけど、その理由は追々わかると言うことでしたw
とまっちゃんは戦闘シーンがグリグリ動いてることに感動してたみたいですが、たとえがヘタクソ過ぎるww
(ハエを追うような、とかw)
ひよっちは相変わらず自由すぎるなw
あまりの自由っぷりにしゅがから「みんな甘やかしちゃダメだよ!」とか言われてて吹いたw
あ、声優になって最初に受けたオーディションがなのはSSだったそうです。

5年ぶりの新作に対する意気込みに対して、最近は大人ver.を演じることが多かったので久しぶりに子供ver.を演じられることがうれしかった、とかマテリアル娘を演じるにあたってゲーム画面をみながらキー調整をした話とか。
マテリアル娘とのかけ合いに関しては、ゆかりんのみ同時に収録をしてたようです。

主題歌の作詞に関しては、なのはへの愛が強すぎて書くのにすごく時間がかかったとか、過去作の要素を踏襲しつつ新たな要素を盛り込んだりとか。
フローリアン姉妹間で意識したことは、ゲームの時よりも大人っぽくなる様に演じていたと言うこと。

後編、ここを楽しみにして欲しいところは

  • どんな風に解決するか楽しみにしててください
  • キーパーソンがすごいことになっていく
  • 新しいキャラだけでなくこの3人(なのは、フェイト、はやて)にも注目
  • ディアーチェファミリーの動きも注目
  • (フローリアン)姉妹の行く末に注目
  • 後半のサブタイがDetonation(爆発)だからなにか爆発するんじゃない?
などなど。抜けとか多々ある気がするけど、うちの記憶力ではこのくらいが限界ですw

終始グダグダな感じでしたがこれがなのはだよね(ヴォルケンチームとかもっとヒドいし)www
5年待った甲斐がありました。後半も楽しみにしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。